2010年08月26日

O脚防止スリッパ

「目指せ美ママ」計画は一応まだ続けております。

1ヶ月ほど前に九州から来た先生にリンパマッサージで骨盤を締めてもらいました。

自分なりに産後、骨盤ケアをしてきたつもりだったけど、やはりまだ骨盤は開いていたらしい。
出産が骨盤に与えるダメージってずーっと残るんだって。

骨盤締めてもらったらO脚が改善されました。
旦那がびっくりするくらい、まっすぐになった私の足。
そしたら内ももの肉がお互いにくっついて邪魔になるように。

ああ、骨盤が開いて足と足の間が広くなると、そこに肉がつくんだね・・・。
隙間を見つけて入り込んでくるなんて、なんて憎いやつなんだ、脂肪めぇ・・・。
自分の足の太さを再認識。

そんなわけで内モモ強化期間実施中です。

あと、せっかく直ったO脚をまた悪化させるわけには行かないのでPJ(GJ)の通販 http://gj-online.peachjohn.co.jp/でO脚防止スリッパ買いました。
100286801_01.jpeg

安いのに、デザインかわいいし、履き心地もいいし、なかなか優秀です。
すこしヒールが高くなっているので、背筋も伸びるし、引きずらずに歩こうとすることで歩き方もキレイになるみたい。
私の美容の先生(勝手に慕っている)が、家の中でもヒールの高いスリッパを履いていた理由がわかりました。

調子に乗って、ゆらゆらシェイプスリッパも購入
100286901_01.jpeg
これを履いてゆらゆらすれば、足首から太もものシェイプアップが期待できるらしい。

でもこれは入荷待ち。届くのが楽しみです。


posted by いかつ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お月さま

まーくん、お月さまが好きです。

見つけると必ず教えてくれます。
「ママ、ほらほらみてみて、おっきさまだよ」って。

今日は満月だったのかな。
まん丸の月をみて「おっきさま、あったねぇ、まあるいねぇ」と嬉しそう。

でもしばらくすると、薄い雲が月を覆って、すこし影ってしまった。
それを見たまーくん、「おっきさま、ばっちくなっちゃったね」と一言。

その表現がちょっと面白かった。
なので、「じゃあきれいに拭いてあげようか」と言ったら、月に向かって手を伸ばして「ふきふき」と雑巾がけのまねごとをするまーくん。

そしたら本当に雲が晴れてきれいな月が顔出した。
まーくん、すげー。

「お月さま、きれいになったね」と私が言ったら、まだまーくんは納得しない様子で「まだばっちいよ」と言う。

どうやら月の模様が汚れに見えているらしい。

「あれはお月さまのお顔だよ、おめめと、お鼻とお口だよ。」と言ったら「そうかー、おかおかぁ」と、なんとか納得した様子。

最近、まーくんの想像力と表現力が面白くて仕方ないです。
言葉をどんどん吸収していくさまにもすごく感心させられるし。

でも、かなちゃんの「あぶー」とか「あっぱ」とかの赤ちゃん言葉まで真似して覚えなくてもいいのに・・・。

posted by いかつ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

子育て中のつぶやき

いたましい育児放棄の報道に胸を痛める日々です。
保護責任者遺棄致死じゃなくて殺人じゃないの?と思ってしまいます。

3歳と1歳9ヶ月の子たち、最期は寄り添うようにしてT字になっていたそうです。

私も寝かしつけ放棄はよくします。
子供2人があまりに寝ないときは、2人を寝室に残して部屋を出ます。
しばらくは2人で遊んでいますが、眠たくなって心細くなってくると、2人は泣き出します。「ママー、おいでおいでー」と言うまーくんの声も聞こえてきます。
それでも放っておくと、2人仲良く寄り添って泣き寝入り。しかもT字で・・・。

そんな2人の寝姿を見ただけで、もうしわけない気持ちになるのに・・・。

子供にイライラすることなんてしょっちゅうだし、子育て辞めたくなることだってよくあります。
自分の時間がほしい。その気持ちはわかります。
でも、本当に育児放棄なんかできる人の気持ちはわかりません。

子育てしてて本当に思うのは、母親の子供に対する愛情なんかより、子供の母親に対する愛情の方がはるかに大きい。

母親の愛情には、こうなってほしい・こうしてほしい、といった子供への「期待」という名の欲がどうしても入ってしまう気がするのです。
それに比べて、子供の愛情は、すごく一途で純粋。

私の機嫌で、まーくんをひどく叱ったり、八つ当たりまでしても、まーくんは「ママが好き」と言ってくれます。
ストレスが溜まって八つ当たりをしてしまいそうなときに、旦那の実家に預けるのですが、そんなときもまーくんは「ママこと(ママのところ)行きたい」というそうです。
家事で忙しいとき、どんなに無視しても、かなちゃんは泣きながら私の後をついて来ます。そんでもって私をつかまえると泣き止んでにっこり。

本当に母親に一途な愛情を向けてくれる子供。
だから、母親もその愛情を裏切っちゃいけないと思うのです。

きっと亡くなった子達も、お腹がすいたとか、暑いとか、のどが渇いたとかじゃなく、ただ「ママに会いたい」と思いながら最期をむかえたんじゃないか。
そう思うと本当にいたたまれない。
posted by いかつ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。