2009年05月12日

お戌参りと5ヶ月目の検診

5月5日、こどもの日。
去年はまーくんの初節句を盛大に祝ったけど、今年はちょうど妊娠5ヶ月目突入してすぐの戌の日だったので、お戌参りに行くことに。

まーくんのときは、両家の親も一緒に私の実家近くの有名な安産の神様の神社に行き、そのあと「かに本家」でお食事会まで催して盛大に安産を祈願してきたのですが、今回は旦那とまーくんと3人(+腹の中の子)で家の近くの神社で質素に済ませちゃいました。

これが一人目と二人目、しかも初孫とそうでない子との違いよね。

お参りして、安産守りだけ買って帰るつもりだったけど、ちょうど戌の日で、安産祈願もしてもらえるみたいだったので、ご祈祷もしてもらってきちゃいました。
新しい腹帯なんて持っていってなかったから、その場で着けてた腹帯を外してそれをお清め。
よれよれの腹帯を巫女さんに差し出すときにはちょっと恥ずかしかったけど、ちゃんとお清めしてもらって、「安産祈願」の印をうってもらいました。

家の近くの神社と言っても、この辺じゃ有名な地位の高い神社。私がご祈祷をしてもらった回は、ほかに安産祈願の参拝客がおらず、マンツーマンで安産祈祷をしていただいたので、きっとご利益があるものだと思ってます。

5月6日、妊婦検診
5ヶ月目の妊婦検診に行ってきました。
赤ちゃんもだいぶ大きくなって、順調そのものといわれましたが、自分なりの目標体重(何ヶ月の時には何キロ以下と決めていたんですが・・・)をオーバーしてしまったのがちょっと残念。

「性別知りたいですか?」と医者に聞かれたのでおねがいしたら、おまたのあたりを探して確認。
赤ちゃんは足を投げ出してる格好で、けっこういい角度でそのあたりが見えたのですが、ついてるようには見えない。

医者は「まだ男の子とはっきりわかるものが見えないから、女の子かおちんちんの小さい男の子だね」といわれました。

要するに、まだどっちかわからないと言うこと。

でもはっきり「男の子」と言われなかったから、女の子を期待する私的にはまだよかったかな。

まーくんの性別がはっきりわかったのは6ヶ月のとき。
そのときには同じような角度でおまたのあたりが見えて、しっかりとついているモノが確認できたから、来月にはうまくいい角度で見せてくれたら、しっかり性別がわかるかな。

でも、まーくんのときとは見た感じが違う気がするので、やっぱり女の子な気がします。願望があるから余計だろうけど。
posted by いかつ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119243590

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。