2009年07月16日

妊娠27週

出産予定日まであと3ヶ月。
来週には妊娠8ヶ月に入ります。

この前の検診で「女の子」と判明しました。

まーくんのエコー写真とは明らかに股の部分の形が違う気がする。
念願の女の子。うまい具合に産み分けできた・・・のかな。
まあ本当に生まれてくるまでわかんないけど。

4Dで撮ってもらった赤ちゃんの顔が、まーくんにそっくりだったので、ちょっと期待できるかも・・・
と、思ったら、お医者さんが、「毎日いろんな(お腹の中の)赤ちゃんのお顔をみせてもらってるけど、あまり違いがわからない。全然違う顔で出てくることが多いよ」のだそう。

なんだー。

でも、一つ気になったのが、赤ちゃんの姿勢。
本当はお腹の中での赤ちゃんの姿勢って、腕とひざを曲げて体操座りみたいな丸まった格好をしているのが理想なんですが、私のお腹の子はひざをまっすぐ伸ばした状態で、体を「くの字」に曲げている。
両足の甲が顔のすぐ前にある状態・・・。
ちなみに逆子ちゃんらしい。

整体でもらったトコちゃんグッズの冊子で、赤ちゃんがそういう体勢でいるのはよくない、窮屈な姿勢でいるわけだし、股関節脱臼とか、そのまま姿勢が直らないと股関節の弱い子になってしまうと書いてあった。

心配になったので医者に聞いたら、
「まだ週数が早いから、お腹の中で姿勢をくるくる変えれるくらいの大きさだし、逆子が治って足が上になれば、お腹の中の空間が広いところに足が来るから、足を組みなおす余裕も出てくる。まだ気にしなくて大丈夫だよ」と言われました。

それでも気になったので、妊婦整体に行ったときに先生(助産師さん)に相談。

ちなみに整体には月2回通ってて、骨盤ケアでだいぶ股関節の痛みは改善されました。
まあ、産んでしばらくするまで緩みやすいのが治るわけじゃないんだけどね。

そんでもって医者には「前回妊娠時に骨盤離開したなら今回も確実に離開するのを覚悟した方がいい」と言われました。

まーくんを産んだ病院では「恥骨の痛みが強い方が安産で産める」と言われて、自信を持って下から産んだのに、今回の産院では「前回下から産んだなら大丈夫だろうけど、離開したら帝王切開になることもある」と言われ、ちょっと不安に。

でも整体の先生は、「骨盤ケアをきっちりしてれば大丈夫」と言ってくれたので、頼りにしたいと思います。

で、整体の先生に赤ちゃんの姿勢について相談したら、「その(姿勢が悪い)状態が長いのはよくないから、早いうちに逆子を治してあげて、足を組みなおせる状態にしてあげたほうがいいよ」と言われました。
ごもっとも。

先生にお腹を触ってもらったら、子宮の形が歪んでいて、きれいな丸い形をしてないと言われました。

自分でも確認できる方法を教えてもらいました。
寝転がった状態で両手の指一本を胸の下からお腹のほうに下ろしていって、お腹の固い部分(子宮)に当たったら、指を止める。
両方の指の高さが一緒だったら、子宮の形はきれいな丸い形。

でも、私の場合は、指1本分以上高さが違って、かなり歪んでる状態。
これじゃ、赤ちゃんが頭を下にしようとして転がろうにも、子宮の壁に引っかかってうまく回れないんだって。

でもこれは、私の子宮の中の状態や赤ちゃんが悪いんじゃなく、普段の生活で足組んだり、片側に体重かけてたりして体が歪むのが原因らしい。
今回から、骨盤(下半身)のゆがみを治す体操だけじゃなく、体側を伸ばして上半身のゆがみを治す体操もするように指導されました。
赤ちゃんの股関節が心配なので、頑張ります。

ちなみに、今は寝るときも一日中ずーっとベルトで骨盤を締めているんですが、骨盤がゆるむと骨盤の間に赤ちゃんのお尻がはまってしまって余計に逆子が治りづらくなるらしい。

でもって、病院では逆子だと治るように寝る姿勢(右を下にして寝るとか)を指導されるんですが、整体の先生には、「指導された寝る姿勢がつらい姿勢だったら、逆に赤ちゃんにそれが伝わってよくないから、自分の寝たい姿勢で寝た方がいい。それより、子宮の形が歪まないように気をつけてあげて」とのこと。

はーい。何にせよ、早く逆子が治るように頑張ります。
posted by いかつ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123581571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。