2009年09月25日

今回も安産

2人目も、楽なお産でした。

今回は前の日にまーくんにお腹を頭突きされ(しかもちょうど胎盤があるといわれた位置)、そしたらちょっと出血。
ほんとうに軽い出血だったので、「おしるし」かなと思っていたら、朝からちょっといつもより強いお腹の張りが。

間隔が10分だったり7分だったりして定まらないし、痛みもたいしたことなかったから正直ホントに陣痛か不安だったけど、とりあえず病院へ。

まーくんのときは破水が先で陣痛がいきなり5分間隔の激痛だったので、10分とか7分間隔の痛みは経験したことがなかったのよね。正直、あまり痛くない。

でも、病院着いたらちゃんと子宮口が開きはじめてて、機械で計測したらしっかり陣痛がついてるとのこと。

普通は結構な痛みなんですよね、と助産師さんに言われてしまいました。
鈍いんです、私…。

んでもって昼前に病院着いて2時間くらいは陣痛間隔も短くならず、痛みも強くならず。
でも5分間隔になってからはさすがに早かった。

痛みが激痛になってきたので、内診してもらったら子宮口は6a大。前回の経験から全開大まではまだ1時間くらいかかるな〜とがっかりしたら、その10分後にはもう全開大になったらしく、さあ産みましょうってことに。

さすが経産婦。
痛みが増したら早いってホントだ。

分娩のときも、ちょっと力をいれると、赤ちゃんが飛び出てしまいそうになるくらい。

前回は、まーくんがゆっくり旋回しながら産道を通ってくる感じがわかったのに、今回は一気に通過されたかんじ。

私が押し出そうとする力が強すぎて、出るスピードに赤ちゃんの旋回のスピードが間にあわなくて、助産師さんに「もう力入れないよ〜、ちょっととめて〜」と言われてしまいました。

びっくりするくらい分娩時間は短く、しかも今回は出口が裂けることなく、ホントに上手なお産でしたと医者に褒められました。

今回は陣痛開始から5時間半かかったらしいけど、本当に激痛で苦しかった時間は2時間もなかった気がします。

旦那にも前回より楽そうだったといわれました。

でも終わったあとの疲労感は前回の比じゃないほどひどいです。

2年といえど、歳とったからかしら??

若いうちに産んだ方が楽ってホントかも。
でも、そのあとの後腹(後陣痛といわれる、子宮が元に戻ろうとするときにともなう痛み)がハンパなかった。

もう、痛いなんてもんじゃない。
夜中に、激痛で目が覚めてしまい、それからずーっと苦しんでました。
体はつかれているから眠りたいのに・・・。

後陣痛は経産婦の方がきついんだってね。
私は出産が楽で、しかも子宮の収縮具合がかなりいいらしく、それで余計に痛みがひどく出るタイプみたい。うちの母もそうだったらしいので、遺伝みたい。

もう、痛み止めが手放せません。
posted by いかつ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。