2010年04月21日

かなちゃんの離乳食

2人目の離乳食は面倒くさい。

まず、手間ヒマかけて作っている余裕がない。
そして上の子が食べさせるのを妨害する。

6ヶ月過ぎた頃から何回かおかゆを食べさせようとトライしたのですが、まずかなちゃんが食に興味を示さず、食卓に一緒につかせることから始めました。

で、人が食べている姿に興味を示し始めたので、私の味噌汁に入っていた絹ごし豆腐を口の中に入れてみたら、普通に食べた。
ほとんど離乳食を食べたことない子に、直箸でしかも豆腐なんて、一人目のときは考えられなかったことしてるけど、これこそ2人目の余裕(適当さ)だよね・・・。

そして先日友達の子(8ヶ月)が来たときに、その子が離乳食を食べる姿を見てすごく「自分もくれ」アピールをしたので、たまたま作ってあったおかゆをあげてみたら気に入らなかったみたいでほとんど食べず。
つぶし方が足りなかったよう。

でも、食に興味を持ってきたのは間違いないので、おかゆを食べ慣れさせるのを飛び越えて、らでぃっしゅぼーやで購入したビン詰め離乳食(米だけじゃなく、野菜が7種類くらい入っているやつ)をあげてみたら、普通に食べた。
しかもなんの問題もなく大量に。

子育てなんて育児本通りにやる必要は本当にないね。

ちなみに、まーくん対策は、「かなちゃんもご飯が食べれるようになったんだよ」と離乳食を始める数週間前から言い聞かせること。

かなちゃんが生まれたばかりの頃「かなちゃんはママの乳しか食べれないから、あげていいかな」と、授乳する姿にヤキモチをやくまーくんをなだめてきた私。
でも、今になって急に「乳しか食べれないかなちゃん」にご飯をあげることにきっと戸惑っていたんだと思う。
「まんま、まーくんの。かなちゃんはダメ」っていうのがまーくんの言い分だったから。

そして、友達の子の離乳食を食べる姿を見て、「赤ちゃんもご飯を食べる」ことに納得がいったらしい。

今日は、かなちゃんの離乳食を「自分の」と言い張ることはなかったので。

とりあえず、そんな感じでかなちゃんの離乳食はなんとか進めていけそうです。
posted by いかつ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2人目子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147188499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。