2011年09月10日

運動会

今日はまーくんの人生初の運動会でした。

熱中症対策でプログラムはすべて午前中に終わるんだけど、それにしても暑かった。
ずーっと日なたにいたので日焼けがえらいことに。

じゃなくて・・・。

8月から毎日幼稚園で運動会の練習をしてきたまーくん。
でも「運動会」が何かというのはあまり理解していなかった様子。

イベントごとにあまり積極的になるほうじゃないようで、今日も相変わらずのやる気のなさ。

お遊戯:
うちで踊ってくれたときはそれなりだと思っていたのですが、みんなとあわせてみると、あれ?動きもテンポもなんか違うような・・・。
でも年少さんは思い思いの動きをしてる子が結構見受けられたので、まーくんもその一人ということで。

かけっこ:
年少さんは順位をつけないんだね。その前にやった年中さんのかけっこは、ちゃんと1位、2位といったフラッグに入賞順に並ぶんだけど、年少さんは走ったあとはクラスが書かれたフラッグの前に並ぶの。

まだ競争ってのをさせないのかな。
でもまーくんは予想に反してちゃんと走って2位でした。

モジモジして走り出すタイミングを逃し、そのままやる気をなくしてドン尻って言うのを旦那と想像してたのに・・・^^;
や、ちゃんと走ってたのは親としてうれしいんだよ(笑)

玉入れ:
「玉入れはね、こうやってボールをもって走って行くんだよ」と、うちで嬉しそうに玉入れ時の入場の仕方を教えてくれたまーくん。「でね、拾って帰るんだよ」と、退場のことも。
・・・あれ?投げるのは??競技はどうなった???

そんな不安が的中し、かごを中心に拾っては投げ、拾っては投げするお友達の輪の外側で指をくわえてぼーっとしてるまーくん。

最初に手に持っていたボールを投げて以降は、玉を拾いに走ろうともしない。
たまたま近くにきたボールを拾って投げれたのは2回だけ。そして上じゃなくて前に投げるからかごに入るわけがない。

でもまーくんのいた赤組が勝ったので、そのときだけはみんなで「ばんざーい」と跳んではしゃいでました。あんた1個も入れてないよ・・・。

そして「退場します。みんな1つずつボールを拾ってください」という先生の言葉で誰よりも早くボールを拾いに行ったまーくん。
ああ、やっぱり入場と退場は完璧なのね(笑)


そんな感じでまーくんの性格がとても顕著にあらわれた幼稚園の運動会でした。面白かった〜。
まあ、毎年運動会が雨で中止になることを祈っていた私の子だから仕方ないよね。
運動会ってやる方は嫌だったけど、見る立場になると結構面白い。

見てるだけで面白くて、自分の子が出ない競技も全部みちゃいました。
特に年長さんは、組体操と鼓笛(マーチング)と組別対抗リレーをやるんだけど、どれもレベル高い。やっぱ年長さんはちがうわ〜。

組体操は私が小6のときにやってた種目(3段ピラミッドとか)も普通にやっててびっくり。

入園説明会で「うちは鼓笛を特に力を入れてやってます。指導は厳しいですが、そこは理解してください」と説明され、練習の厳しさに10円ハゲができる子もいるという鼓笛。
たまたままーくんを早くお迎えに行ったときに、ダンスをやる子達が練習していたんですが、先生の指導のきびしさ(高校の、しかも強豪校の部活の先生のような怒鳴り方をしていた)にびっくり。

本番を見るのは初めてだったけど、本当に演奏も踊りも上手で、すごく感動しました。みんな小さいのにあんな厳しい練習を乗り越えたんだと思うと余計に胸がいっぱい。
そして2年後にまーくんがそれをやっている姿を想像したら、ちょっと涙が出そうになりました。

組体操も鼓笛も同じマンションの子がいるので、写真撮ろうと思っていたんだけど、撮るのも忘れて見入ってしまったよ。

そして年長さんの組対抗リレーも面白かった。
速い子だけが代表で出るわけじゃなく、全員参加でアンカー以外は背の順で走るので、順位がコロコロ変わって面白い。

1位が独走状態になったなーと思うと、気づくと差が縮まってたり。
旦那が見つけた、「靴が脱げると順位が変わる」という法則。外履き靴は幼稚園指定で、大体みんな大きめを履いてるから、走ってる最中に脱げる子がちらほら。
それで順位が変わる、これがまた面白くて・・・。

運動会、とにかく楽しかったです。
posted by いかつ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男の成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。