2006年08月17日

日本海の太陽も熱かった

12日から14日まで福井へ行ってきた。

彼のおじーちゃん、おばーちゃんの家へ挨拶に。

行く前日、何泊するかでちょっともめた。
彼は2泊したがってて、私は気を遣うのが嫌だったし、ちょっと不安もあっていろいろ言い訳してどうにか1泊にしてもらおうとしてたんだけど。

話し合いの結果、彼が私の不安をわかってくれ、できるだけ気を遣ってもらうことを条件に2泊決定。

1日目、お盆だし混むかなーって思ってたけどそんなに混まずにすんなりついた。腹を下していた私は道中ずっと寝てたけど。でも、おいしいって有名なナントカ寺のソフトクリームは食べました☆

むこうに着いたのは夕方で、彼のおじさんのところでご飯食べさせてもらってからおじいちゃんの家へ。
簡単に結婚の報告してから、いろいろ雑談。
前行ったときもすごく歓迎してもらえたけど、今回もすごくよくしてもらえた。

「この子が嫁に来てくれたらいいなって、おばあちゃん、この前来てくれたときからおもっとったんよ」なんて言って貰えて、結婚することをすごく喜んでくれてるおばーちゃんにつられてちょっと涙が出そうになったり。

付き合って半年の時点で、彼が自分のお父さんお母さんに結婚したいって意思を伝えられたのも、予想に反して彼の両親が私の嫁入りを快諾してくれたのも、このおばあちゃんのおかげだと思えて、ここに来る前の不安が、一気に消えた気がした。

2日目、お墓参りしてから海へ。
あとで会社で聞いた話、お盆に海入っちゃいけないんだってね。死んだ人が戻ってくる時期だから、海に入ると引きずり込まれちゃうって迷信。

が、そんなこと知らなかったので、ばっちり海に入ってきた。しかもトウジンボウのすぐそばの海に。

が、最近太陽に当たってなかったのがいけなかったのか、すぐに暑さでダウン。彼が一人で海を満喫してる間、わたくしはビーチパラソルの下で寝てました。

そして夜、おばあちゃん家に戻ってからも体調優れず、ずっと寝てました。
この日から彼の両親&妹さんも里帰りで戻ってきてたので、彼とお母さんに面倒みてもらっちゃった。

ウチの親には、体調悪かろうが看病してもらった記憶があんまりないので(ただ寝かされているだけ)、なんか新鮮でした。

あんまり手伝いもせず、寝てばっかりいた(←ウチだと確実に非難されます)のでダメ嫁だと思われないかってちょっとへこんだけどおばあちゃんもお母さんもいい人でよかった。

でも台所に行くと、負担にならないようなこと(ご飯ついだりとか)をやらせてもらえて、一員として認められてる感がすごくよかった。

そんな福井里帰りの旅でした。
posted by いかつ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫁ぎます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23460138

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。